本文へスキップします。

【全・PC】ヘッダリンク

サイト内検索 検索

【全・SP】検索フォーム

サイト内検索

ページタイトル

よくあるご質問

説明

大切なご自宅で長くお使いいただく太陽光発電システム。
正しい知識を身につけて上手に導入してください。多く寄せられる質問をピックアップしました。

【Q&A:表示】よくあるご質問

1停電した場合に太陽光発電は利用できますか?

太陽光発電は、非常用電源として利用できる自立運転機能を標準装備しています。災害などで停電した場合にも、太陽光さえあれば、自宅で作った電力を利用することができます。携帯電話の充電など、停電時の情報源の確保や連絡手段の確保、湯沸かしや炊飯などに、自宅で発電した電力の利用が可能です。

【停電時の使い方】
  • 停電時の利用にはパワーコンディショナを「自立運転」に切換える操作が必要です。
  • 朝夕、雲の状態等、日射に応じて自動的に運転・停止します。
  • 停電が復帰したときは、運転切換スイッチを「連系」にしてください。
  • 夜間の停電は連系運転にして、そのまま復帰をお待ちください。
  • 自立運転を停止したい場合は運転切換スイッチを「停止」にしてください。
  • 自立運転では余った電力を電力会社に売ることはできません。

※1.500 W(1.5 kW)が上限です。使用する電気機器の容量にご注意ください。
日射状況により使用できる電気容量は少なくなる場合があります。

21軒あたり、どの程度の太陽電池容量が必要ですか?

一般家庭の平均年間総消費電力量は4,789 kWh/年だと言われています。4 kWのシステムを設置することでご家庭での使用電気量約9割をまかなえることができます。

※太陽光発電協会(JPEA)の試算による。

3海岸沿いの住宅で塩害が心配です。太陽光発電は設置可能ですか?

設置可能です。ただし塩害地域では塩害仕様の架台などが必要となりますので、別途販売店にご相談ください。

→お問い合わせ
4太陽光発電で100 V、200 V、どちらの電圧も使用できますか?

100Vおよび200V両方対応可能です。別途販売店にご相談ください。(自立運転時は100Vのみ)

5電力会社への売電契約の手続きはどうするのでしょうか?

販売店がお申し込みからご契約の成立までお手伝いいたします。

6どのような屋根が取り付け可能ですか?

日本の代表的な切妻屋根や寄棟屋根の他、多くの屋根に取り付け可能です。また屋根材により取り付け施工が変わりますので詳しくは販売店にご相談下さい。

7昼間に発電した電力を夜間に利用できますか?

カナディアン・W・パワーステーションとリチウムイオン蓄電池ユニットを合わせてご使用頂いた場合、昼間に発電した電力を蓄電池に蓄え、夜間に蓄えた分だけの電力をご利用になれます。

8太陽光システムを誰が設置するのですか?

当社施工IDを持っている施工業者が行います。施工IDは当社施工研修を受け、試験に合格した施工業者のみ発行しています。

9蓄電システムは何に役立つものですか?

電気代の節約はもちろん、非常時・停電時の備えに、電気を蓄えて活用できます。

10太陽光発電と蓄電池を連携すると、どのように良いですか?

昼間に太陽光発電した電力を蓄えたり、夜間電力を蓄えることができ、電気をより有効に活用できます。停電時、炊飯器でご飯を炊いたり、ケトルでお湯を沸かしたり、また、テレビや冷蔵庫、パソコン、照明、携帯電話の充電などにも使えます。