本文へスキップします。

【全・PC】ヘッダリンク

サイト内検索 検索

【全・SP】検索フォーム

サイト内検索

ページタイトル

クレストルーフ(CREST ROOF)

メインビジュアル

CREST ROOF 太陽電池モジュール一体型屋根材


一体設計が美しさと機能性を実現
国内屋根材メーカーとの協業によるラインナップ

クレストルーフは、カナディアン・ソーラーの太陽電池モジュールと屋根を一体化した屋根材を採用した住宅用太陽光発電システムです。
最高出力を実現した単結晶PERCモジュール「CS1V-265MS」は、ハイ・ディ・エム(HIGH DENSITY MONO PERC MODULE)技術を採用した新技術により受光面積を最大化し、バスバーの電気抵抗ロスを低減します。また、国内屋根材メーカーの工場にて一体化加工を行うため、より安定した品質を保ちます。

高効率 高性能 高品質

アンカーリンク

クレストルーフの特長

クレストルーフの特長

クレストルーフの美しい外観

太陽電池モジュールと屋根材の段差がなく
一体感のあるフラットな屋根に仕上がる

屋根材との段差が出来ない様に、屋根周囲の役物部材もカナディアン・ソーラーが用意、案件毎に設計するため、幅広い屋根サイズへの対応が可能です。

※屋根形状や設置条件により対応出来ない場合もあります。

クレストルーフの美しい外観

クレストルーフの高い防水性能

設置後の仕上りが
美しい外観と高い防水性能を兼ね備える

国内屋根メーカーが考案した設置構造により、設置の際に使用するビスが雨水に触れる事がほとんどなく、屋根の重なり部分では毛細管現象を防ぎます。高い防水性能を活かし、屋根の勾配(傾斜)が低い屋根への設置も可能です。

※最低勾配1.5 寸、低勾配用タイプ使用時に限ります

● 10年雨漏補償

クレストルーフの高い防水性能

クレストルーフの通気構造

独自の通気構造により
太陽電池モジュールの温度上昇を抑える

太陽の熱により暖められた太陽電池モジュール裏の空気は、太陽電池モジュールと屋根材の間の通気層より自然換気され、この自然換気により、太陽電池モジュールの温度上昇が抑制されます。

クレストルーフの通気構造

クレストルーフの材工一括管理

設計から施工まで
全てをカナディアン・ソーラーにて提供

  • カナディアン・ソーラーの自社施工部門による材料から施工までの一貫管理により高い施工品質が実現されます。
  • 施工は屋根材メーカーが実施している専門のID 研修を受講した高い製品知識を保有する施工ID 認定者が行います。
  • 充実した保証内容が付帯しています。

クレストルーフの材工一括管理

採用モジュール

採用モジュール

CS1V-265MS

  • HDM HIGH DENSITY MONO PERC MODULE

    CS1V-265MS

    モジュール変換効率:19.59%
    公称最大出力:265W

    詳しく見る

システム保証

保証

25年間太陽電池モジュール出力保証

太陽電池モジュール25年出力保証
◆単結晶PERC太陽電池モジュール製品の場合:
①最初の1年間は、太陽電池モジュールの実出力が当社の製品仕様書に表示される出力の97.5%を下回らないことを保証します。
②2年目から25年目までの期間は、実出力の年次の低下が0.7%を上回らないことを保証します。
③25年目は、実出力が当社の製品仕様書に表示される出力の80.7%を下回らないことを保証します。

10年間システム保証

太陽光発電システム10年保証
クレストルーフを構成する太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、ケーブル(モニタ、昇圧器は除く)について10年間の保証をします。
※保証の詳細につきましては、ご購入の際に、販売店へお問い合わせ下さい。
※お客様の故意による故障の場合は、保証できない場合があります。
※当社指定の施工ID認定を取得した施工者による設置、及び認定部材を使用された場合に限ります。
※保証に関する内容の詳細については、当社ウェブサイト「カタログ・製品資料」に掲載されている「カナディアン・ソーラー 太陽電池モジュール製品保証書」をご覧ください。

10年間雨漏保証

雨漏修繕費用を補償限度額内において10年間補償
製品納入日起算にて10年間の期限でクレストルーフ設置部の破損を原因とした雨漏りに対して、補償限度額内において雨漏修繕費用を補償します。
※補償の詳細につきましてはご購入の際に販売店へお問合せ下さい。
※お客様の故意による故障の場合は補償出来ない場合があります。また免責事項についてはご購入の際に販売店へお問合せ下さい。
※当社指定の施工ID認定を取得した施工者による設置、及び認定部材を使用した場合に限ります。
※補償にあたっては申請が必要となります。