本文へスキップします。

【全・PC】ヘッダリンク

サイト内検索 検索

【全・SP】検索フォーム

サイト内検索

ページタイトル

ニュースリリース

【お知らせ:一覧・詳細】ニュースリリース

スペインにある太陽光発電所に500MWのモジュール供給契約締結

2019.06.18

業績・IR

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、国際的な電力会社であるSolarcentury社に同社2件の太陽光発電所(Cabrera/200 MW、Talayuela Solar/300MW)に対し、500MWのモジュール供給契約を締結したことをお知らせします。

 Cabrera太陽光発電所(200MW)の建設は、2019年にスペインのセビリア地方にあるAlcalá de Guadairaに開始予定であり、2020年に系統連携される見込みです。運用が開始されれば、同エリア内の105,000軒に電気を供給することが可能です。

 Talayuela Solar太陽光発電所(300MW)は、スペインのエストレマドゥーラ州で2019年後半に建設が開始される予定で、2020年に系統連携される見込みです。ヨーロッパで最も大きな発電所の一つである本発電所は、運用が開始されれば、同エリア内の150,000軒に電気を供給することが可能です。

 この2件の太陽光発電所には、合計約140万枚の当社高効率太陽光モジュール「KuMax CS3U-P」が採用される予定です。144多結晶セルモジュールは、プロジェクトを成功するための重要な要素である業界を牽引するセル技術と接続セル間の電力低減を実現するため、この2件の大規模発電所に最適なソリューションです。

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。
「当社は、ヨーロッパで最も大きな発電所の一つにおいて、Solarcentury社と協業することができ、非常に光栄です。本発電所は国内において補助金なしで建設される予定です。今回のパートナーシップは、この地域における当社の存在感と競争力をさらに拡大します」

 Solarcentury社グローバルオペレーションディレクターのSteven Taylor氏は、次のようにコメントしています。
「当社の目的は、気候の変化との戦いにおいてより多くの発電量を作り出すことです。補助金なしの太陽光発電所による再生可能電力量が多く、これは当社のビジョンを実現する上でとても重要なマイルストーンです。バンカブルかつ業界で実証されたパートナーであるカナディアン・ソーラーと同社の高品質な規格は、大小に関わらず当社すべての太陽光発電所に欠かせません」