本文へスキップします。

【全・PC】ヘッダリンク

サイト内検索 検索

【全・SP】検索フォーム

サイト内検索

ページタイトル

ニュースリリース

【お知らせ:一覧・詳細】ニュースリリース

ブラックロック社(BLACKROCK)にアグアカリエンテス太陽光発電所の売却を完了

2019.06.10

業績・IR

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、メキシコに建設されたアグアカリエンテス太陽光発電所(68MWp)をブラックロック・インフラファンドIIに売却完了したことをお知らせします。

 当社は、当発電所の開発・建設および長期プロジェクトファイナンスを担当し、2019年1月に竣工および系統連携を行いました。当社の高効率多結晶モジュール「CS6U-P」が20万枚設置されたこの発電所は、年間145GWhの電力を発電する予定で、これは20,690軒の需要を満たすのに十分な電力を発電し、年間72,700トンの二酸化炭素排出量を削減すると見込んでいます。メキシコ電力公社による20年間のクリーンエネルギー証明書の元、メキシコ電力公社に15年間売電します。当社は、発電所の運転3年目からO&M(運用および保守)サービスを提供します。

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。
「当社は、アグアカリエンテス太陽光発電所によって、開発、PPA賞、資金調達、建設、売却という全サイクルを通じた大規模太陽光発電所を実施できる能力を実証し、メキシコの太陽光発電市場において主導的地位を強化することができました。当社はメキシコ国内に600MWp以上の開発中の様々な段階のプロジェクトパイプラインを保有しており、この中には368MWpの電力販売契約を保持しているパイプラインも含まれます。2014年、オンタリオ州でBlackRock社と3件の太陽光発電所売却に続き、また同社と提携できたことを非常に嬉しく思います」

 BlackRock’sMexico Infrastructure Investment Group代表のJuan Alberto Leautaud氏は、次のようにコメントしています。
「今回の発電所購入は、お客様を代表してメキシコのインフラ投資に対する当社の委託を反映しているだけではなく、250以上の風力および太陽光発電プロジェクトを支援した、国際的な再生可能エネルギープロジェクトへの注力についても反映されています」