本文へスキップします。

【全・PC】ヘッダリンク

サイト内検索 検索

【全・SP】検索フォーム

サイト内検索

ページタイトル

ニュースリリース

【お知らせ:一覧・詳細】ニュースリリース

消費者庁調査報告書「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」について

2019.02.01

お知らせ

 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
 本年1月28日に、消費者庁(消費者安全調査委員会)から「消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書—住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等—」が発表されました。

 カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社は、2009年にカナディアン・ソーラーの日本法人として設立されて以降、日本市場において住宅設置累計10万棟以上の販売実績がございますが、カナディアン・ソーラーが製造した製品に起因する火災事故は報告されておりません。また、屋根に延焼して被害が拡大した事例に共通の構造であり、火災事故等の再発防止策が求められている「鋼板等なし型」太陽光発電システムにつきましては、当社からの販売実績はございません。

 カナディアン・ソーラーでは、国際基準の厳格な品質管理のもと、世界中の様々な環境にも対応できる高品質な太陽電池モジュールを設計・製造しております。また、カナディアン・ソーラーの太陽光発電システムを設置される施工業者様には、安全に施工・運用していただくよう、法令、商品知識、施工、メンテナンスなどに関する研修を受講していただくことを必須としております。

 今回の消費者庁による発表に伴い、当社は、より一層お客様にご安心いただけるような取り組みを販売会社様と共に努めてまいりますので、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

参考:太陽光発電協会ホームページ
消費者安全調査委員会 調査報告書「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」について
http://www.jpea.gr.jp/topics/190128.html