本文へスキップします。

【全・PC】ヘッダリンク

サイト内検索 検索

【全・SP】検索フォーム

サイト内検索

ページタイトル

ニュースリリース

【お知らせ:一覧・詳細】ニュースリリース

メキシコに太陽光発電所建設のため、
メキシコ外国貿易銀行及びサバデル銀行から6,900万米ドルの資金調達を締結

2018.12.21

業績・IR

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、メキシコのAguascalientes太陽光発電所(67.8MWp)建設のため、6,900万米ドルのノンリコースプロジェクトファイナンスを締結したことをお知らせします。

 当社が幹事会社として6,900万米ドルのノンリコース・ファイナンスパッケージが組成されましたが、メキシコ外国貿易銀行(Banco Nacional de Comercio Exterior, S.N.C.、略称:Bancomext)およびサバデル銀行(Banco Sabadell)で構成されています。メキシコ外国貿易銀行(Bancomext)は、メキシコの開発銀行および貿易促進機関で、Banco Sabadellはスペインに本社を置く商業銀行グループです。

 本ノンリコース・ファイナンスパッケージは、5,320万米ドルの長期借入金、560万米ドルの信用状(Letter of credit)、そして1,020万米ドルの付加価値税(VAT)支払いのための短期借入によって構成されています。長期借入による資金は 以前Natixis社により借入した4,500万米ドルの建設借入金返済に充てられます。

 Aguascalientes太陽光発電所は、2016年第一回メキシコエネルギー入札プログラムにおいて、電力販売契約(PPA)を獲得しました。同発電所で生成された電力は、15年間の電力販売契約(PPA)の下、20年間の自然エネルギー証書(Clean Energy Certificates )に基づきComisión Federal de Electricidad社に売電されます。同発電所には当社が供給した高効率の太陽電池モジュール「CS6U-P」が20万台以上使用されており、2018年12月末までに商業運転を開始する予定です。

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。
「2024年までに35%の再生可能エネルギー率達成というメキシコの目標を支援するため、メキシコ外国貿易銀行(Bancomext)およびサバデル銀行(Banco Sabadell)とパートナーシップを締結したことを嬉しく思います。当社がメキシコで電力販売契約(PPA)を締結した後期パイプラインはすでに436MWpあります。これらの太陽光発電所建設により、Aguascalientes、Hermosillo、Obregón地域に多くの雇用を創出することができます」