本文へスキップします。

【全・PC】ヘッダリンク

サイト内検索 検索

【全・SP】検索フォーム

サイト内検索

ページタイトル

ニュースリリース

【お知らせ:一覧・詳細】ニュースリリース

カナディアン・ソーラー子会社リカレント、
総出力281MWpのプロジェクトをセンプラ・リニューアブル社に売却

2017.08.30

お知らせ

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、当社の完全子会社であるリカレント社が総出力281MWpの「Valley Solar project」(旧名「Tranquillity 8」)をセンプラ・リニューアブル社(センプラ・エナジー社の関連会社)に売却したことをお知らせします。

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は下記のようにコメントしています。
「センプラ・リニューアブル社のような、市場をリードするパートナーとの協業は非常に喜ばしいことです。米国におけるリカレント社の強力なポートフォリオは、当社の顧客やステークホルダーにとって継続的な価値を提供するでしょう」

 「Valley Solar project」(旧名「Tranquillity 8」)は、米国カルフォルニア州フレズノ群に位置する「Tranquillity Solar Facility」に隣接し、1,600エーカー(訳647ha)の土地で建設中です。「Tranquillity」はリカレント社が2016年後半に竣工させたメガソーラーで、米国エネルギー大手であるSouthern Power社系列子会社が権益の過半を保有しています。

 センプラ・リニューアブル社によって2018年第3四半期に完成予定の「Valley Solar project」は、約5万軒のエネルギー需要に相当するクリーンな電力を生成します。センプラ・リニューアブル社は、発電所の建設を想定し、4つの長期電力購入契約をすでに締結しています。