本文へスキップします。

【全・PC】ヘッダリンク

サイト内検索 検索

【全・SP】検索フォーム

サイト内検索

ページタイトル

ニュースリリース

【お知らせ:一覧・詳細】ニュースリリース

DYMONDモジュール268MWをドバイのメガソーラーに供給

2017.06.08

お知らせ

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイに建設される800MW規模の大規模太陽光発電所「Mohammed bin Rashid Al Maktoum Solar Park(DEWA Project)」における太陽光パネルのサプライヤーに選ばれたことをお知らせします。3期にわたって建設されるDEWA Projectは、2020年の竣工時には世界最大規模になる見込みです。EPC(設計・調達・施工)サービスを担当するEPC合弁会社(VJ)コンソーシアムは、Acciona社、Gransolar社、Ghella社の3社で構成されています。第1期となる今回は、当社のDYMONDモジュールが80万枚(268MW)のみ使用されます。このモジュールの製造と出荷は、2017年5月に開始しました。

 当社の実証された実績、高いバンカビリティと高品質基準は、EPC合弁会社(VJ)コンソーシアムから受注を獲得する重要な要因になりました。また、両面ガラスモジュールの製造技術を持つ先駆者として、当社は2013年以降、世界中で約1GWの両面ガラスモジュールを提供しています。

 「The Mohammed bin Rashid Al Maktoum Solar Park」は、持続可能なエネルギー供給を多面的に確保しようとする「ドバイ・インテグレート・エネルギー戦略2030」の一環です。ドバイでは、輸入天然ガスへの依存を減らし、太陽光エネルギーを2010年には7%、2030年には15%に増やすことを目標に進めています。

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は下記のようにコメントしています。
「この素晴らしいプロジェクトにおいて、Masdar社、DEWA社、EDF社、そしてEPC合弁会社(VJ)コンソーシアムと提携することを誇りに思います。当社のDYMONDモジュールは、暑い砂漠気候に最適です。ドバイのエネルギー資源が多様化されるにつれ、今回の採用は優れた実例となるでしょう。中東におけるエネルギー市場の成長へさらに貢献できることを望んでいます。」