本文へスキップします。

【全・PC】ヘッダリンク

サイト内検索 検索

【全・SP】検索フォーム

サイト内検索

ページタイトル

ニュースリリース

【お知らせ:一覧・詳細】ニュースリリース

大面積のn型多結晶シリコン太陽電池セルで変換効率23.81%の世界記録を樹立

2020.03.12

お知らせ

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、本日、大面積のn型多結晶シリコン太陽電池セルで変換効率23.81%の世界記録を樹立したことを発表しました。当社のP5技術を用いたn型セルで、ドイツの独・ハーメルン太陽エネルギー研究所(ISFH)により試験・認証されました。当社は、この9ヶ月間に多結晶シリコン太陽電池セル変換効率の世界記録を3回更新したことになります(これまでのp型多結晶シリコン太陽電池セル変換効率の記録22.80% および22.28% についてはそれぞれのプレスリリースをご参照ください)。

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。「今回、再び世界記録を更新したことを発表できることを非常に嬉しく思います。これは当社の革新的なn型P5技術開発のマイルストーンであり、当社のp型およびn型の多結晶シリコン太陽電池が単結晶品に匹敵する変換効率を達成できることを示しています。当社は、これからも技術力の強化に力を注ぎ、LCOE(均等化発電原価)において最も競争力のある製品をお客様に提供してまいります。」

 当社は、P5技術による太陽電池セル・モジュール製品を開発・販売しています。2019年9月には、p型P5セルで変換効率22.80%の世界記録を樹立しました。今回変換効率23.81%を記録した多結晶セルは、157mmx157mm(表面積246.44cm²)のn型P5シリコン・ウエハを用い、PASCon(パッシベーション・コンタクト)技術を利用して製造されたものです。

 当社は太陽光発電業界において技術面で世界をリードしている企業であり、特許出願数および取得済特許数においても業界の世界上位に位置する太陽電池メーカーです。当社は中国、北米、欧州、そしてアジア太平洋 地域において1,500件以上の特許を取得しています。2019年8月までに、当社の太陽電池セル生産ラインは、すべてPERC技術を採用したセルの生産ラインにアップグレードされています。太陽電池モジュール製品では、ハーフカットセルモジュール(Kuシリーズ)、両面発電モジュール(BiKu)、マルチバスバー(MBB)、166mmウエハ(HiKuおよびBiHiKu)を他社に先駆けて量産製品として市場投入し、現在ではギガワット規模で生産しています。