2016年10月14日

三井住友銀行と96億円のシンジケートローン契約を締結

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、同社の完全子会社である、カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社が、三井住友銀行を主幹事とし、期間を3年間とした総額96億円のシンジケートローン契約を締結しましたのでお知らせします。


 本シンジケートローン契約は、三井住友銀行を主幹事に、13の金融機関による銀行団によって結成されています。調達した資金は、日本国内における太陽光発電所の開発や運転資金として使用されます。


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は下記のようにコメントしています。
「日本の主要金融機関から強いご支持をいただけ、非常に嬉しく思います。これは当社の成長に確信をいただけているからこそだと感じています。当社は、日本国内で太陽光発電所の開発機会を増やすにあたり、必要な資金調達が実現できる良い状況にあります。日本とその他の重要な市場での事業拡大のため、日本における主要銀行でグローバルにおいても存在感のある三井住友銀行とのパートナーシップを重要視し、継続的な協力を期待しています」


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map