• ホーム
  • ニュースリリース一覧
  • 5バスバー、PERC単結晶セル採用モジュール「QUINTECH SUPERPOWER CS6V-240MS」および「QUINTECH SUPERPOWER CS6A-230MS」発売のお知らせ

2016年2月19日

5バスバー、PERC単結晶セル採用モジュール「QUINTECH SUPERPOWER CS6V-240MS」および「QUINTECH SUPERPOWER CS6A-230MS」発売のお知らせ

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、日本国内を含む全世界で5バスバー、PERC単結晶セルを採用した太陽電池モジュール「QUINTECH SUPERPOWER CS6V-240MS」と「QUINTECH SUPERPOWER CS6A-230MS」を開発し、2016年4月1日より発売開始することをお知らせします。


 これらの製品に採用している新開発の6インチ単結晶セルは、5本バスバーとPERC(Passivated Emitter and Rear Cell)※技術によってセルの発電効率が大きく向上し、従来の単結晶モジュールに比べて約7%モジュール発電効率が改善されています。また、セルの対角線方向の距離が長くなりセル面積を大きくすることで、より多くの発電量を得ることができます。


 日本における住宅用太陽光発電システムの市場は、近年の再生可能エネルギー普及促進のための各種施策などにより着実に拡大しています。住宅用太陽光発電システム向けに発電効率をさらに高めた「QUINTECH SUPERPOWER CS6V-240MS」および「QUINTECH SUPERPOWER CS6A-230MS」を、高変換効率を実現したパワーコンディショナや、様々な屋根材に幅広く対応した架台と合わせ、高効率な太陽光発電システムを住宅向けにご提供します。


新製品の特長
・新開発の6インチ単結晶セルに、5本バスバーとPERC技術を採用。PN接合から発生する電子より短い距離でバスバーに到達し、その間に発生する電気抵抗による損失が大きく低減することから、従来の単結晶モジュールに比べ約7%モジュール発電効率が改善しています。


※ セルの内部に形成されるパッシベーション膜によって光を反射させ、より多くの光をPN接合に供給し、電子を発生させることでセルの発電効率を大きく改善する技術です。単結晶セル特有の角の取れ方が小さくなり、セル面積が大きくなったことで、発電量がより大きくなりました。


仕様概要


QUINTECH SUPERPOWER
CS6V-240MS (単結晶)

外形寸法:1638mm×826mm×40mm
モジュール変換効率:17.74%
基準変換効率:19.6%
公称最大出力:240W
CS6V-MS

QUINTECH SUPERPOWER
CS6A-230MS (単結晶)

外形寸法:1324mm×984mm×40mm
モジュール変換効率:17.65%
基準変換効率:19.6%
公称最大出力:230W
CS6A-MS

ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map