2016年2月26日

プロジェクトボンドにより30億円の資金を調達

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、総出力10.2MWになる青森三沢太陽光発電所建設のため、ゴールドマン・サックス証券から30億円の融資契約を締結したことをお知らせします。


 プロジェクトを担保にしたノンリコースボンド(責任財産限定型社債)は、1.4%の固定金利で、満期20年間(2年間の猶予期間を含む)です。なお、ゴールドマン・サックス証券がアレンジャー、新生信託銀行がレンダーを務めます。


 総出力10.2MWになる青森三沢太陽光発電所は、日本格付研究所から「A」の格付けを取得しています。本発電所は2016年12月に商業運転を開始する予定で、生成された電力は20年間のFIT契約に基づいて東北電力に36円/kWhで売電されます。


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は下記のようにコメントしています。
「非常に重要な資金調達を日本で実現でき、とても嬉しく思います。低金利での資金調達に加え、今回の融資は当社の国内プロジェクトとしては初の外資系スポンサーによるABS(資産担保証券)です。また、日本国内のプロジェクトボンドにおいて、高い「A」格付けを得ることができ、日本においても高いバンカビリティを表すことができました」


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map