2016年1月20日

60MWの太陽電池モジュールおよび30ヶ所の中圧発電所を供給

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、同社の完全子会社である、Canadian Solar Solutions Inc.(以下、「カナディアン・ソーラー・ソリューションズ」という)は、当社オンタリオ州にある工場で製造した太陽電池モジュール「CS6X」シリーズ60MW(DC)と30ヶ所の中圧発電所をWindsor Solar LP facilityに供給したことをお知らせします。


 本発電所は、Samsung Renewable Energy Inc.(サムスン)とClark and Lunn Infrastructure (CC&L Infrastructure社)によって開発され、オンタリオ州ウィンザー市に建設されます。年間発電量は約86,500MWhで、カナダの一般家庭約8,204世帯に電力を供給することができます。また、IESOと20年間の電力購入契約期間中、約59,646トンのCO2を削減します。


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は下記のようにコメントしています。
「当社は、今回の供給に大きな誇りを持っています。サムスンとCC&L Infrastructure社と共に、この第1四半期に系統連系するSouthgate Solarを含め、オンタリオ州内にある発電所の風景に違いを創造し続けます」


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map