2015年6月18日

北九州市43MWの高田屋ひびき発電所に太陽電池モジュールを供給

 カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:孫台圭)は、株式会社高田屋(所在地:福岡県北九州市、代表取締役社長:土井良太)が開発を進める「高田屋ひびき発電所」に当社の太陽電池モジュール約43MWを供給したことをお知らせします。


 当社の太陽電池モジュール「CS6P-255P」が168,240枚使われており、年間発電量は一般家庭13,600世帯の年間使用電力量に相当する4,900万kWhになる予定で、年間32,340トンのCO2削減を見込んでいます。


 なお本発電所は、日揮株式会社がEPC(設計・調達・建設)サービスを提供しています。2014年3月に着工、2015年8月に営業運転開始を予定しています。


 カナディアン・ソーラーのモジュールには、10年製品保証と25年出力が付帯しています。当社は今後とも優れた製品を最高のサービスとともに、日本各地へのメガソーラーの導入を積極的に推進してまいります。


■高田屋ひびき発電所航空写真
takatayahibiki


■施設概要

 施設名称  高田屋ひびき発電所
 事業会社  株式会社高田屋
 所在地  福岡県北九州市若松区向洋町46-1、46-3、および49
 敷地面積  434,000 ㎡
 総出力  42,901.2 kW(DC)
 採用モジュール  カナディアン・ソーラー製「CS6P-255P」
 EPC事業者  日揮株式会社
 稼働開始時期  2015年8月(予定)
 想定年間発電量  約4,900万kWh


株式会社高田屋について
福岡県北九州市に本社を構える株式会社高田屋は、不動産売買、賃貸事業を行う不動産事業を行っています。また、今後のエネルギー問題への取り組みとして太陽光発電事業や、海外の優良企業を誘致・促進するため工業団地の開発を進めています。
http://www.takataya.co.jp/


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map