2015年1月8日

ブルーアース社にSparkleLight太陽光発電所の売却を完了

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、同社の完全子会社である、Canadian Solar Solutions Inc.(以下、「カナディアン・ソーラー・ソリューションズ」という)は、ブルーアース再生可能エネルギー社(ブルーアース社)の子会社へSparkleLight太陽光発電所の売却を完了したことをお知らせします。


 ブルーアース社は当社から本発電所を含め計4件の太陽光発電所を購入しており、3件目にあたる今回のSparkleLight太陽光発電所は、オンタリオ州ビーバートンに位置しています。この発電所による発電能力は10MWで、当社の太陽電池モジュール「CS6X-300/305P」が使われており、総額6,600万カナダドル(5,700万米ドル、およそ68億円)以上の評価を受けています。


 ブルーアース社の代表取締役社長(CEO)のケント・ブラウン氏は、次のようにコメントしています。
「当社の再生可能エネルギーに関するポートフォリオにSparkleLight太陽光発電所を追加することができ、嬉しく思います。今回の取引によって、2017年までに10億ドルの高品質な運用資産を達成するという目標に一歩近づくことができました。来年引渡しとなるLunarLight太陽光発電所とともに、今後もカナディアン・ソーラーとの友好な関係継続を期待しています」


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クゥ博士は、次のようにコメントしています。
「ブルーアース社に3件目となる太陽光発電所の売却完了ができ、非常に嬉しく思います。引き続きブルーアース社と友好なパートナーシップを構築していきたいと思います」


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map