2014年12月5日

総出力28.4MWの太陽光発電所をドミニオン社へ売却

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、ドミニオン社(NYSE:D)へ総出力28.4MWの太陽光発電所「西アンテロープ・ソーラーパーク」の売却を完了しましたので、お知らせします。


 米・カルフォルニア州ランカスター郊外ロサンゼルス郡に位置し、敷地面積263エーカーに建設された本発電所は、2014年7月から11月までの建設期間に400人以上の雇用を創出しています。当社の太陽電池モジュール「CS6X-300/305P」が94,340枚使われており、およそ6,100世帯に対して電力が供給される予定で、年間31.5トンのCO2排出削減を見込んでいます。


 本発電所は、White Construction社がEPC(設計・調達・建設)サービスを提供しています。2年間の開発タイムラインには、許認可取得、公的補助制度、受電、システム・インストレーションが含まれています。また、PG&E社に対して20年間の売電契約を結んでおり、この契約はカルフォルニア州公益事業委員会によって承認されています。


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クゥ博士は、次のようにコメントしています。
「西アンテロープ・ソーラーパークは、米国で開発、建設、売却された太陽光発電所として、当社最大となる発電所であり、当社にとって重要なマイルストーンになりました。今回の売却は、太陽光発電所の開発・建設における当社のグローバルな太陽光発電プロジェクトチームの能力を紹介できただけでなく、大規模な太陽光発電システムはカルフォルニア州のエネルギーミックスにとって重要であり、実行可能で持続可能な構成要素となることを実証しています」


ドミニオン社について
ドミニオン社は、米国最大規模のエネルギー事業者で、約23,600MWの発電容量、10,900マイルの天然ガス配送パイプラインと、6,400マイルの電気送電線を保有しています。約9,470億立方フィートの貯蔵容量がある地下天然ガス貯蔵システムを操業しており、10の州で公共施設や小売りエネルギー会社に提供しています。


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map