2014年11月10日

ブラジルに建設される3件の114MW大規模太陽光発電プロジェクトを獲得

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、ブラジル連邦共和国ミナスジェライス州バザンテにおいて、3件の大規模太陽光発電プロジェクトを獲得し、合計114MWを供給することになりましたのでお知らせいたします。


 カナディアン・ソーラーは、Solatio社と提携してこれら3件の発電所の開発・建設を行い、系統連系後はブラジル政府機関Agencia Nacional de Energia Eletricaに対して、1MWhあたり216.12レアル(およそ86.42ドル)で20年間の売買契約を結んでいます。


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クゥ博士は、次のようにコメントしています。
「当社のビジネスモデルを差別化し、ビジネスサイクルの拡大と利益率を安定させるため、大規模の太陽光発電所開発事業に参入しました。当社は、カナダで培った経験を活かし、重要な地域におけるプロジェクト事業を拡げています。ブラジルでのこの結果は、当社が持つプロジェクト開発力の強さを証明し、世界中の太陽光エネルギーの需要拡大につなげることになるでしょう」


 Solatio社のペドロ・ヴァクー氏は次のようにコメントしました。
「ブラジルのエネルギー分野といった要求の厳しい市場で成功するためには、Solatio社がブラジルで当初から仕事の基礎として形成した概念である、地域産業と国への深い知識や、高いプロジェクト開発力が絶対に必要だと確信しています」

 また、続いて同社のアントニオ・ロドリゲス氏は次のようにコメントしました。
「当社とカナディアン・ソーラー社との提携契約は、今回のプロジェクトに完璧な組み合わせだと感じています」


Solatio社について

Solatio社は、ブラジルで太陽光発電技術が知られていなかった頃から開発を着手しました。培ったノウハウをブラジル国内へ伝えるため、太陽光発電システムのリーダーとして様々な取り込みを進めています。


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map