2014年10月8日

鹿児島県志布志市に1.2MWの太陽光発電所建設を完了

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、鹿児島県志布志市志布志町帖(しぶしし・しぶしちょうちょう)に建設した1.2MWの大規模太陽光発電所完成をお知らせします。当社の太陽電池モジュールCS6P-255Pが4,800枚使用されており、年間発電量は1,533MWhになる予定で、kWhあたり40円(0.37ドル)で、九州電力と20年間の売電契約を結んでいます。


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クゥ博士は、次のようにコメントしています。
「当社にとって日本で初めてとなる太陽光発電所の建設および系統連系を完了することができて、大変嬉しく思います。これは日本でのプロジェクト開発およびEPCチームにとって重要な成果であり、太陽光エネルギーソリューション戦略成功の一歩であると感じています」


 当社は日本において、490.5MWのパイプラインを保有しています。系統連系された今回の1.2MWに加え、2014年第3四半期および第4四半期におよそ42.4MWのプロジェクトが着工される予定となっています。


 なお、本発電所の竣工を記念し、2014年10月2日に「CSJ志布志町帖発電所竣工記念式典」が執り行われました。当日は来賓として志布志市長の本田修一氏をお迎えし、協力企業の関係者、当社からはプロジェクト・ビジネス本部の久保敏秀シニアディレクターなどあわせて約40名が出席し、多くの祝電を頂きながら、CSJ志布志町帖発電所の完成を祝いました。


■概要

 施設名称  CSJ志布志町帖発電所
 所在地  鹿児島県志布志市志布志町帖
 総出力  1.2MW
 採用モジュール  カナディアン・ソーラー製「CS6P-255P」
 EPC事業者  株式会社きんでん
 稼働開始時期  2014年9月22日
 年間予想発電量  1,533MWh

■現地設置写真


■竣工式の模様

プロジェクト・ビジネス本部 久保敏秀シニアディレクター


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map