2014年10月30日

ビーソーラー朝来発電所に太陽電池モジュール供給 ~兵庫県朝来市内最大規模~

 カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:孫台圭)は、株式会社ビーソーラー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:若尾光伸)が開発を進める株式会社ビーソーラー朝来発電所に、当社の太陽電池モジュールを652.8kW供給したことをお知らせします。


 この受注に関し、カナディアン・ソーラーの高効率多結晶太陽電池モジュール「CS6P-255P」を合計2,560枚納入しました。年間発電量は約469,500kWhになる予定で、一般家庭約80世帯に対して電力を供給することができます。2014年9月に設置を完了し、同年9月末から稼働しています。


 カナディアン・ソーラーのモジュールには、10年製品保証と25年出力保証が付帯するほか、欧米の優良保険会社によってバックアップされています。当社は、今後とも優れた製品を最高のサービスとともに、日本各地への太陽光発電所の導入を積極的に推進してまいります。


■現地設置写真


■概要

 施設名称  株式会社ビーソーラー朝来発電所
 所在地  兵庫県朝来市生野町
 総出力  652.8kW
 採用モジュール  カナディアン・ソーラー製「CS6P-255P」
 稼働開始時期  2014年9月末
 年間予想発電量  469,500kWh

株式会社ビーソーラー
株式会社ビーソーラーは、電気工事の全国ネットワーク・アライアンス事業を行う株式会社ビーライトによって2013年10月に設立されました。お客様の太陽光発電所を常に最適・最善な状況に保ち、発電能力を最大限に発揮させるため、24時間のサポート体制で日々の運営や定期点検および保守サービスを提供しています。


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map