2014年9月8日

コンチ・グループへ太陽電池モジュールを11MW供給

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、コンチ/サンデュランス社(コンチ・グループ)に当社の太陽電池モジュールを11MW供給したことをお知らせします。


 この11MWの受注に関し、カナディアン・ソーラーの高効率多結晶太陽電池モジュール「CS6X」を合計37,202枚納入しました。25年間の使用期間において360,000MWhの電力を発電し、二酸化炭素排出量を67,000トン(自動車11,800台分の排出量削減、または6,200ヘクタールの土地に237,000本の植林に相当)削減する見込みです。


 コンチ・グループは、再生可能エネルギーをはじめとする産業市場で国際的な事業を展開する大手EPC(設計・調達・建設)企業で、全米で70MWを超える太陽光発電プロジェクトを実施しています。コンチ社のマシュー・スキッドモア副社長は、下記のようにコメントしています。
「当社は、洗練された太陽光発電開発業者、太陽光発電資産所有者、電力会社と提携し、大規模太陽光発電プロジェクトの設計・建設を行っています。この度、カナディアン・ソーラー社と共に事業を展開させていただくことを大変うれしく思います」


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、下記のようにコメントしています。
「当社は、世界トップレベルのEPC企業であるコンチ社に太陽電池モジュール供給企業として選んで頂いたことを大変光栄に思います。今後、コンチ社と共に事業を展開することを大変楽しみにしています。両社が最良のパートナーとして、引き続き世界中で大規模太陽光発電プロジェクトを展開できると確信しています」


コンチ社について
コンチ・グループは、1906年に創設。米国ニュージャージー州エジソンを本拠地とする資本資産プロジェクトの世界的な開発・建設業者で、米国及び世界各国でインフラ開発や設備提供を行っています。起業家精神や迅速な顧客対応、優れた人材を重視することでよく知られており、優秀プロジェクト賞や、安全性能に関する賞、働きやすい職場に与えられる賞など、数多くの賞を受賞しています。
http://www.conticorp.com


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map