2014年7月14日

コンコードグリーンエネルギー社へ10MW太陽光発電所の売却を完了

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、同社の完全子会社である、Canadian Solar Solutions Inc.(以下、「カナディアン・ソーラー・ソリューションズ」という)は、コンコードグリーンエネルギー社の関連会社であるワンウェストホールディングス社へ10MWヴァルキャロン太陽光発電所の売却を2014年6月30日に完了したことをお知らせします。本発電所は、カナダ・オンタリオ州グレーターサドバリーに位置し、総額6,000万カナダドル以上の評価を受けています。


 コンコード・パシフィック社副社長のクリフ・マラッケン氏は、次のようにコメントしています。
「新たな好例が出来たことを、嬉しく思います。太陽エネルギーは、すでにカナダで運用中のクリーンな電力を生みだすプロジェクトに多大な貢献をしてくれるでしょう」


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、下記のようにコメントしています。
「コンコードグリーンエネルギー社へ売却した5件の発電所のうち、1件目にあたる今回の売却完了について、嬉しく思います。当社のホームマーケットであるカナダ国内において更なる事業拡大を目指し、合計500MWを供給する2つのモジュール製造工場を備え、700人以上の従業員を雇用しています。オンタリオ州で、116MW相当の発電所をすでに完成、売却完了していますが、現時点で570MW相当のプロジェクトを保持しています」


コンコードグリーンエネルギー社について
コンコードグリーンエネルギー社は、二酸化炭素を排出しないゼロカーボン社会の実現をサポートするために設立されました。持続可能な社会を作るために、エネルギーや環境について考えることは非常に重要です。カナダにおけるインフラの必要性、必要条件は常にコンコード社の礎となっています。持続可能でクリーンエネルギーの供給は、コンコード社の目標です。
http://concordpacific.com/index.htm


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map