2014年5月19日

イケア・オーストラリアとパートナー契約を締結

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、イケア・オーストラリア社と3.6MW太陽光発電システムの設置に関するパートナー契約を締結しました。


 3.6MWの太陽光発電システムは、ビクトリア、ニューサウスウェールズ、クイーンズランドあるイケア7つの店舗に設置予定で、クリーンエネルギーの発電により、年間約4,000トンの二酸化炭素の排出量を削減効果が期待されます。現時点において、当社最大規模となる商業用施設向け太陽光発電システムへ、お客様に太陽光システム設置の煩わしさや費用を抑えることのできる当社独自のターンキーソリューションを提供します。


 カナディアン・ソーラーの太陽電池モジュールは、PTCレーティング(PVUSA Test Conditions)において、トップクラスの変換効率を獲得しています。PTCレーティングとは、カルフォルニア州エネルギー委員会が開発した太陽電池モジュールの性能を測るために作られた基準で、実際の使用環境に近い条件でテストしているため、もっとも現実に近い出力指標として幅広く認識されています。


 カナディアン・ソーラーが、イケア・オーストラリア社のパートナーとして選ばれた理由に、当社の世界規模での豊富な経験、許認可取得へのノウハウ、費用対効果の高いEPC(設計・調達・建設)サービスなどがあげられます。


 イケア・オーストラリア社サステナビリティ(環境保全)マネージャーのリチャード・ウィルソン氏は、次のようにコメントしています。
「当社は、再生可能なエネルギーの長期的な導入目標があります。2020年までにイケアが消費する電力を全て再生可能エネルギーでまかなうべく、再生可能エネルギーへの置き換えを進めています。各店舗や物流センターの屋根に太陽光発電システムを設置することは、相当な作業となります。専門知識や経験とともに、効率的で、信頼性の高い高品質の製品を選択し設置することは、当社にとって非常に重要でした」


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。
「イケア・オーストラリア社との契約には、複雑な系統連系交渉が含まれていました。当社には、世界最高の太陽電池製品だけでなく、顧客の要求事項や、状況に応じ対処することができる、高い専門知識を有するプロジェクトチームを有しています。オーストラリアの系統連系要件について、高度な理解と長年の経験から、プロジェクトの複雑さにも関わらず効果的に進めることができました。当社の専門知識、バンカビリティ、信頼性と卓越性によって、イケア社のようなグローバル企業から当社が選ばれました」


イケア社について
イケア社は、世界44ヶ国に357店舗を持つ世界最大の大手小売家具店です。優れたデザインと機能性を兼ね備えたホームファニッシング製品を幅広く取り揃え、より多くの人々に購入いただけるよう、できる限り手頃な価格で提供しています。また、環境保全を見据え、子どもたちと環境に配慮した取り組みを行っています。創業以来、世界中のお客様にイケア社のコンセプトは受け入れられています。2013年には、世界で775万人がイケア社の店舗を訪れ、売上高は292億ユーロでした。
http://www.ikea.com/

ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map