2014年1月30日

文化シヤッターへ1.5MW太陽電池モジュール供給

  カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:孫台圭)は、文化シヤッター株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:茂木哲哉)の掛川工場に、当社の太陽電池モジュールを1.5MW供給したことをお知らせします。


  本事業は、文化シヤッターと中部電力株式会社のグループ会社である株式会社シーエナジーとの共同事業によるもので、設計・施工を住友電設株式会社が担当し、2013年5月に着工、10月から稼働を開始しています。カナディアン・ソーラーの高性能モジュールが6,174枚使われており、年間発電量は一般家庭約410世帯分の年間電力消費量に相当する150万kWhになる見込みです。


  カナディアン・ソーラーのモジュールには、10年製品保証と25年出力保証が付帯するほか、欧米の優良保険会社によってバックアップされています。当社は、今後も高効率で高品質な太陽光発電システムの運営を推進し、自然豊かな地球を実現するための一助となるよう、日々努力してまいります。


■外観

文化シヤッター掛川工場

■概要

所在地 静岡県掛川市
総出力 1,513MW
採用モジュール カナディアン・ソーラー製「CS6P-245P」
モジュール枚数 6,174枚
稼働開始時期 2013年10月1日
年間予想発電量 150万kWhの見込み
 ※一般家庭約410世帯分の年間電力消費量に相当

文化シヤッター株式会社について
文化シヤッターグループは、1955年の創業以来、総合建材メーカーとして各種シャッターや住宅建材、ビル用建材の製造及び販売を行っています。全国277ヵ所の営業拠点、119ヵ所のサービスステーションで、アフターサービスからメンテナンスまできめ細かく対応するサービス網を確立しています。「快適環境のソリューショングループ」を目指す同グループは、お客様をはじめ多くの人々の信頼と、環境への配慮、そして地域社会への貢献を目指した活動を行っています。


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map