2013年12月27日

PSEGへ2件の大規模太陽光発電所を売却

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、同社の完全子会社である、CSI Holdco LLCが、PSEG・ソーラー・ソース社に2件の大規模太陽光発電所を売却したことをお知らせします。この2件の発電所による発電能力は合計4.4MWで、PG&E社に対して20年間の売電契約を結んでいます。


 PSEG・シャスタ・ソーラー・ファームと呼ばれるこの2件の発電所は、カルフォルニア州ラッセン山とシャスタ山の間に位置し、標高1,000m以上の高さにあるシャスタ郡最大の太陽光発電所です。2013年7月に着工開始し、同年12月16日に竣工、2014年初頭に商業運転の開始を予定しています。カナディアン・ソーラー製モジュール「CS6X」が約14,600枚使用され、およそ785世帯に対して電力が供給される予定です。この発電所により、約6,290トンのCO2排出を削減することができ、これは約1,200台の自動車を減らすことに匹敵します。


 ブルー・オーク・エナジー社が、ターンキーベースでのEPC(設計・調達・建設)サービスを提供し、建設完了後にはO&M(運用保守サービス)を提供する予定です。


 PSEG・ソーラー・ソースの社長、ダイアナ・ドライスデール氏は、以下のようにコメントしています。
「PSEGは、当社にとって7番目となる大規模太陽光発電プロジェクトについてお知らせできることを嬉しく思います。米国全土で太陽光発電や再生可能エネルギーの目標を満たすのに役立ち、排出ガスを出さない太陽光発電を提供するため、太陽光発電プロジェクトに融資し、カナディアン・ソーラーのような信頼できる企業と協力し続けてまいります」


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。
「PSEGという著名な機関との大規模太陽光発電所の提携を誇りに思います。カナディアン・ソーラーは、低リスク、高品質のパイプライン、金融機関からの高い信頼性から、アメリカ、カナダ、日本など、世界中の主要市場だけでなく、中国などの新興市場においても成長を続け、成功をおさめています」

ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map