2013年11月13日

中国の三峡ニューエネルギー社に 100MW太陽電池モジュールの供給契約を発表

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」)は、中国三峡ニューエネルギー社(以下、「三峡ニューエネルギー社」)が中国・甘粛省において開発を進めている太陽光発電プロジェクト向けに、合計100MWの太陽電池モジュールを供給する契約合意を発表しました。


 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のように述べています。
「中国で急成長している再生可能エネルギープロジェクトのデベロッパーである三峡ニューエネルギー社と契約合意できたことを光栄に思います。今回の契約は、中国でカナディアン・ソーラーが良好なブランド認知を得ていること、そして、高い成長性が見込まれる海外重点市場でシェアを獲得する多様化戦略の成果といえます。今回の太陽電池モジュール供給契約の合意は、三峡ニューエネルギー社との中国での協業推進にとって重要な節目となるでしょう。」


 この発電所には、カナディアン・ソーラーの高性能モジュールCS6P-205P(250W)とCS6P-255P(255W)が使用される予定です。当社のモジュールには、10年製品保証と25年出力保証が付帯するほか、欧米の優良保険会社によってバックアップされています。モジュールの供給はすでに開始しており、2013年12月には完了する予定です。


中国三峡ニューエネルギー社について
中国三峡ニューエネルギー社は、風力発電の分野に初めて参入した国営企業の一つである中国長江三峡集団公司の全額出資子会社です。三峡ニューエネルギー社は、大規模な再生可能エネルギーの開発と運用を専門に、風力、太陽光、水力発電のほか、その他のクリーンエネルギー技術を利用した再生可能エネルギーの導入を積極的に進めています。


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map