2013年8月5日

サムスン・リニューアブル・エナジーとパートナー契約を締結

サムスン・リニューアブル・エナジー社(サムスン)は、カナディアン・ソーラー社(カナディアン・ソーラー NASDAQ: CSIQ)とパートナー契約を結び、オンタリオ州ロンドンに新たな製造拠点を開設すると発表しました。
この工場により、サムスンとオンタリオ州政府との間で結ばれているグリーン・エネルギー投資協定(GEIA)の
取り決めの通り、2013年末までにロンドンに200人分の製造業雇用が生み出されます。

この工場ではPVモジュールと中電圧の発電装置を生産します。この施設は、ハルディマンド郡における100メガワット(MW)のGrand Renewable Energy Parkや、キングストンとロイヤリストにおける100MWのSol-Luce Kingston Solar PV
プロジェクトや、GEIAの未来のソーラー・プロジェクトといった、サムスンのオンタリオ・ソーラー・プロジェクトの
供給基地となります。また、カナディアン・ソーラーが太陽光発電に関連した研究や製品開発を行う中心地となります。

このカナディアン・ソーラーの新工場はまた、サムスンがオンタリオ周辺のプロジェクト・コミュニティにおいて
エンジニアリングや調達・建設業務を確実に行うための拠点としての役割も果たします。
サムスンのGEIAのプロジェクトは州全体で、計9000人分の再生可能エネルギー関連の雇用を創出します。

サムスンC&Tの副社長Ki-Jung Kimは次のように述べています。
「サムスンは、環境問題となり得る石炭への依存をやめ、大気を守るためには、再生可能エネルギーが
非常に重要だと考えています。世界的な不況で大打撃をこうむったロンドンに200人のエコな雇用をもたらし、
オンタリオ州全体でも9000人の雇用を生み出せることをとても喜ばしく思います。」

カナディアン・ソーラーの会長兼CEOのショーン・クー博士は次のように述べています。
「サムスン・リニューアブル・エナジー社との協力関係で、太陽エネルギーを広めつつ、自然にやさしい製造業の雇用を
カナダに創出できることに誇りを感じています。今回の契約は、当社が中電圧設備などの周辺機器のための
生産能力を高め、プロジェクト総コストの削減と性能向上のためにプロジェクト・ソリューションの分野で研究を行うなかで、急速に成長している川下の太陽エネルギー・ソリューション・ビジネスに光を当てるものです。
当社は、世界的なリーダーとしての立場から得られた事業規模や経験、広範な資源を活用し、
大規模な雇用創出を通じて最終的にオンタリオの経済に恩恵をもたらし、需要の高まっている持続・再生可能な
エネルギーを供給していきます。」

サムスンはパートナー企業とともに、1369MWの再生可能エネルギーの開発に50億ドルを投資し、その一環として
オンタリオ州において300MWのクリーンで再生可能な太陽エネルギーを生み出します。

カナディアン・ソーラーは、ティルソンバーグのシーメンス、ウィンザーのCS Wind、トロントのSMAに続き、
オンタリオ州においてサムスンの4番目の再生可能エネルギーのパートナーとなります。
この4か所の製造拠点において合計900人の雇用が生み出されます。サムスンはこれらすべての生産パートナーと協力し、GEIAプロジェクトの枠を超えて輸出市場の発展に取り組んで参ります。

8月に建設開始予定のハルディマンド郡の100MW AC Grand Renewable Energy Parkに加え、ロンドンの製造拠点では
キングストンとロイヤリストにおける2件のソーラーPVプロジェクトにモジュールを供給し、それぞれ約100MW ACの能力を生み出すことになります。これら2件のソーラー・プロジェクトは、再生可能エネルギー承認プロセスを経て、
2014年に建設が開始される予定です。すべて合わせると3件の太陽エネルギー・プロジェクトによって300MW ACとなり、
これはおよそ400MW DCに匹敵します。

雇用機会についての情報や応募手続きについては、パートナー企業が施設の操業開始に向けて準備を進める中で、
数か月のうちに発表する予定です。

サムスン・リニューアブル・エナジー社について
サムスン・リニューアブル・エナジー社は未来の世代のためにクリーンで再生可能なエネルギーを作り出しています。
パートナー企業とともにオンタリオ州において50億ドルの投資を行い、世界最大の風力・太陽エネルギー基地を
建設します。当社の投資によって、オンタリオにおいて再生可能エネルギーの生産に関わる直接雇用を900人分
生み出し、9000件の専門職雇用をもたらします。サムスンC&Tの商業・技術の専門性と、米国・欧州などの
数か国における再生エネルギー・プロジェクトの成功を礎として、サムスンは堅実な投資によって確かな雇用を生み出し、現実の利益をもたらします。
http://www.samsungrenewableenergy.ca.

カナディアン・ソーラーについて
世界第3位*の太陽電池モジュールメーカー。シリコンインゴットからウェハー、セル、太陽電池、
システムに至るまで一貫した生産体制により、欧米やアジアを中心に世界的に事業を展開。
住宅用太陽光発電から産業用まで実績多数。高品質、高効率、そして環境にやさしく安全な
太陽電池製品を通じて、地球環境の持続的な成長を支援しています。本社、カナダ・オンタリオ州。
(*出荷ベース、2012年12月時点、IMS Research調べ)
http://www.canadiansolar.com

カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社について
2009年6月設立されたカナディアン・ソーラーの日本法人。海外市場で培った販売経験に基づき、
日本市場の太陽光発電に最適なシステムを販売。製品群は、結晶系太陽電池モジュール、架台、
パワーコンディショナ、カラーモニターなど。安定的に質の高い施工を実施するため、
自社研修所にて、トレーニングも実施。本社、東京都新宿区。
http://www.canadiansolar.co.jp
    

ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map