2013年7月17日

三沢市ソーラーシステムメンテナンス事業協同組合によるメガソーラーに太陽電池モジュールを供給

カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、以下カナディアン・ソーラー・ジャパン)は、このたび、
三沢市ソーラーシステムメンテナンス事業協同組合(所在地:青森県三沢市)が売電事業主となるメガソーラー
(大規模太陽光発電所)に自社製太陽電池モジュールを供給いたしました。

<概要>

・1号機
所在地:青森県三沢市大字三沢字小山田1-1
敷地面積:32,973平方メートル
発電量:1,955キロワット
採用モジュール:カナディアン・ソーラー製「CS6P-240P」
モジュール枚数:8,148枚
稼働開始時期:2013年4月
・2号機
所在地:青森県三沢市大字三沢字戸崎
敷地面積:12,769平方メートル
発電量:826キロワット
採用モジュール:カナディアン・ソーラー製「CS6P-240P」
モジュール枚数:3,444枚
稼働開始時期:2013年4月


太陽電池モジュールが設置された大規模太陽光発電所(青森県三沢市)※1号機

太陽電池モジュール「CS6Pシリーズ」は単結晶もしくは多結晶の60枚のセルを使用し、240Wから265Wの出力を
取り揃えています。 カナディアン・ソーラー・ジャパンは2013年6月より日本市場で同シリーズの250Wと255Wの
多結晶モジュールの販売を開始いたしました。
高性能な多結晶太陽電池モジュールで、システムの設置面積、設置コストを抑え、より早い投資回収を可能にします。
加えて当社の全てのモジュールは米国と欧米の保険会社のワールドクラスの保険を付帯しています。
カナディアン・ソーラー・ジャパンは、今後もお客様へ最高のサービスと技術支援を提供いたします。

      
三沢市ソーラーシステムメンテナンス事業協同組合について
2012年8月、三沢市内の民間企業4社(㈱青建設計、㈱小坂工務店、浪岡電設㈲、㈲田嶋板金工業)により、
太陽光発電のメンテナンスを行うことを目的に設立

カナディアン・ソーラーについて
世界第3位*の太陽電池モジュールメーカー。シリコンインゴットからウェハー、セル、太陽電池、
システムに至るまで一貫した生産体制により、欧米やアジアを中心に世界的に事業を展開。
住宅用太陽光発電から産業用まで実績多数。高品質、高効率、そして環境にやさしく安全な
太陽電池製品を通じて、地球環境の持続的な成長を支援しています。本社、カナダ・オンタリオ州。
(*出荷ベース、2012年12月時点、IMS Research調べ)
http://www.canadiansolar.com

カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社について
2009年6月設立されたカナディアン・ソーラーの日本法人。海外市場で培った販売経験に基づき、
日本市場の太陽光発電に最適なシステムを販売。製品群は、結晶系太陽電池モジュール、架台、
パワーコンディショナ、カラーモニターなど。安定的に質の高い施工を実施するため、
自社研修所にて、トレーニングも実施。本社、東京都新宿区。
http://www.canadiansolar.co.jp    

ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map