2012年12月25日

「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2012に初協賛

カナディアン・ソーラーは、全国水土里ネット(全国土地改良事業団体連合会)と都道府県水土里ネット(都道府県土地改良事業団体連合会)が主催する「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2012に協賛いたしました。

「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展は、未来を担う子どもたちに、日本のかけがえのない財産である農業農村に関心を持ってもらうとともに、子どもたちの作品を通して多くの人々に農業農村の魅力を伝えることを目的として毎年開催されています。カナディアン・ソーラー・ジャパンでは、この活動趣旨に賛同し、協賛し、「カナディアン・ソーラー・ジャパン賞」、および記念品の提供を行いました。

同絵画展は、全国の小学生を対象に「新発見!ぼくのわたしのふるさと」をテーマに、田んぼや畑、ため池、そこにすむ生き物たち、古くから伝わる祭りや風習、農作業風景などの作品を募集し、審査の結果、入賞・入選作品が決定し、12月15日には、O(オー)美術館(東京都品川区)にて入賞作品の授賞式が行われました。これらの入賞・入選作品は、O(オー)美術館のほか、羽田スカイギャラリー(東京都大田区)、NHKふれあいホールギャラリー(東京都渋谷区)などでも展示されました。

カナディアン・ソーラー・ジャパンでは、今後も環境保全に関わる様々な活動に協力してまいります。

カナディアン・ソーラー・ジャパン賞受賞作品「自然がいっぱい」カナディアン・ソーラー・ジャパン賞受賞作品
「自然がいっぱい」


ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map