2012年11月14日

国内初の大規模太陽光発電システムを設置完了~三重県の酪農場に1メガワット~

世界有数の太陽電池メーカーであるカナディアン・ソーラー(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クゥ)の。
日本支社であるカナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社(東京都新宿区、以下カナディアン・ソーラー・ジャパン)は、
このたび、自社として国内初となる大規模太陽光発電システムの設置を完了致しました。

今回設置が完了したのは、農事組合法人の尾﨑畜産御浜ファーム(三重県南牟婁郡、以下御浜ファーム)向けに
納入された1メガワットの産業用太陽光発電システムで、カナディアン・ソーラー製太陽電池モジュール「CS6Pシリーズ」4,245枚が御浜ファーム敷地内の牛舎の屋根に設置されました。
「CS6Pシリーズ」は、多結晶の太陽電池モジュールで、アンモニア腐食耐性やPID(高システム電圧における
太陽電池モジュールの出力低下)耐性など、数多くの認証を取得しており、その品質と性能の高さが世界的に認められた太陽電池モジュールです。

同システムは、2012年10月に完成、同年12月の系統連系を経て、同月より稼働を開始致します。
発電された電力は全量売電する予定です。なお、販売・設計・施工はユニバーサルエコロジー株式会社(愛知県北名古屋市)が担当致しました。

カナディアン・ソーラー・ジャパンは、今後とも優れた製品を最高のサービスとともに、日本各地へのメガソーラーの導入を積極的に推進してまいります。

太陽電池モジュールが設置された尾﨑畜産御浜ファームの牛舎


カナディアン・ソーラーについて
世界第3位*の太陽電池モジュールメーカー。シリコンインゴットからウェハー、セル、太陽電池、
システムに至るまで一貫した生産体制により、欧米やアジアを中心に世界的に事業を展開。
住宅用太陽光発電から産業用まで実績多数。高品質、高効率、そして環境にやさしく安全な
太陽電池製品を通じて、地球環境の持続的な成長を支援しています。本社、カナダ・オンタリオ州。
(*出荷ベース、2012年4月時点、IMS Research調べ)
http://www.canadiansolar.com

カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社について
2009年6月設立されたカナディアン・ソーラーの日本法人。海外市場で培った販売経験に基づき、
日本市場の太陽光発電に最適なシステムを販売。製品群は、結晶系太陽電池モジュール、架台、
パワーコンディショナ、カラーモニターなど。安定的に質の高い施工を実施するため、
自社研修所にて、トレーニングも実施。本社、東京都新宿区。
http://www.canadiansolar.co.jp

ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map