2011年12月27日

太陽光で人工雲を作ろう! 12/24からいよいよ《クラウドスケープ》公開スタート

現在開催中の展覧会「建築、アートがつくりだす新しい環境-これからの“感じ”」展の一環として、
12月24日(土)からトランスゾーラー+近藤哲雄《クラウドスケープ》を公開しました。
23日には、一般公開に先立ち、報道関係者に向けお披露目をいたしました。

弊社も特別協力として「クラウドスケープ(Cloudscapes)」における使用電力をカナディアン・ソーラーの
太陽電池モジュール(4.44KW、計24枚)を用いた独立電源システム(蓄電池付)で供給し、
電力の自給自足を実現しています。



右から:妹島和世さん(建築家)、トランスゾーラー社Nadirさん、 近藤哲雄さん(建築家)、
要 悠(カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社 代表取締役)








東宝シンデレラ
「クラウドスケープ(Cloudscapes)」のオープニングイベントでは、「第7回東宝シンデレラ」のみなさんもお越しくださいました。











この《クラウドスケープ》は12月24日~3月22日まで東京都現代美術館サンクンガーデンにて公開しています。
雲と太陽光のコラボレーションを是非皆様体験しにいらしてください。お待ちしております。










《クラウドスケープ》
公開期間: 2011年12月24日(土)~2012年3月22日(木) 10:00~18:00
休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29-1/1、展示替え期間(1/16-2/3)ほか 
*詳しい休館日はこちらをご覧ください。
会 場  : 東京都現代美術館 サンクンガーデン

ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ

Site Map